東産業

東産業

人事担当ブログ

55期が始まって二か月が経ちました!!

水谷「55期が始まって約二か月が経ち、年号も変わりましたね。」

 

佐川若森「そうですね!」

 

水谷「私たちは新入社員として会社について学び、各部署に同行させていただきました!
そこで、今回のテーマはこの約1か月間の同行研修で経験し学んだことなどについて語っていこうと思います。」

 

佐川若森「よろしくお願いします!」

佐川「じゃあ、今回は私から発表します!
私は住環境事業部に同行させていただきました。
課によって細かい区分はありますが作業内容は基本的には「浄化槽の点検、清掃」です。

 

浄化槽の点検、清掃には浄化槽などに合わせてやり方や工程、使用する道具も変わってくるので最初は難しく感じました。
ですが、やっていくうちに理解できることが増えてきて、点検では細かく水質の確認や機器がしっかり動いているのかを見たり、清掃では浄化槽が正常に動くよう、たまった汚泥をきれいにしたりすることで、環境に貢献できていると実感することができました!」

 

若森「なるほど!
どのように役立っているかが実感できると仕事もきっとやる気が出ますね!
私と水谷さんは工事部と営業部に同行させていただきましたね!」

 

水谷「そうでしたね!
若森さんは同行でどんなことを学びましたか?」

 

若森「私は特に工事部の現場同行で、冷静な判断力と行動力」の重要性を学びました。

工事部では危険な作業と共に予想外のトラブルが起きる場合もあります。
その時に必要なのはその原因を冷静に判断し、すぐに対策して行う行動力だと感じました。
それを見て、私は今後それを行えるような知識経験を身に付けていきたいと思います!」

 

佐川「私は今工事部に所属していますが、確かに知識や経験が必要になると思います!
では、最後に水谷さんはどうでしたか?」

 

水谷「私は特に営業部に同行させていただいた時、知識、待応力、十分な準備、記録を残すこと」が重要であると学びました。

お客様から要望を理解し、それにあった提案をするということが仕事になります。
また、お客様との会話の内容についてあらかじめ準備すること、会話の内容を忘れないためにメモをするということが必要となることがわかりました。」

 

若森「確かに私も営業部の同行では知識や待応力は重要だと感じました!」

 

水谷「はい!
では、この1か月で学んだことを忘れずに頑張っていきましょう!」

 

佐川若森「はい!」

 

佐川「あと、これから気温も高くなってくるので、熱中症にも気をつけましょうね」

 

水谷若森「そうですね!」