先輩たちのキャリアパスCareer Path

PERSON
 

西村匡史NISHIMURA MASAFUMI

水処理設備
2011年入社/入社11年目

Career Path 08

これまでの経歴

愛知淑徳大学現代社会学部を卒業後、2011年に東産業に入社。
1年目は管路土木課に配属され、主に清掃業務を担当。2年目に貯水槽の清掃を担当し、約6年経験を積む。
その後、水処理設備課に配属され、現在は企業や官公庁にて機械や配管の更新・新設工事などを担当。

キャリアストーリー
Career story

技術職
キャリアステップ

Turning Point 01 貯水槽の責任者としての自覚

入社2年目に貯水槽清掃の担当になったことが、仕事に対する意識が大きく変わるきっかけとなりました。
業務を担当してから3年目くらいに先輩が異動となり、同じ部署内に頼れる人がいなくなってしまいました。
周囲からは「仕事が遅い」「業務のレベルが下がった」と言われてしまうことがあり、「今のままではいけない」と自分の中で意識が大きく変わりました。
「頼れる先輩がいる」という安心感に守られていた環境から、「自分でやらないといけない」という環境になり、それが仕事への責任感に変わったタイミングでした。

Turning Point 02 子どもの誕生。家族のありがたみ。

自分の中で家族の存在は非常に大きく、特に子どもが産まれたことはとても大きかったです。仕事と向き合う意識をもう一段階高くしてくれて、頑張る原動力にもなります!
また、貯水槽清掃の仕事はとても大変で帰りが遅くなることも多かったのですが、「子どものために早く帰ろう!」という意識が強くなり、仕事を効率良く進めることを意識するという点にも繋がりました。
東産業は家族のこともしっかり考えてくれる、とても理解が高い会社で、しっかりとサポートもしてくれます。先輩から子どもの服やおもちゃも大量に頂きました(笑)
上の子がもうすぐ4歳で、下の子が産まれたばかりなので、これからさらに頑張ろうと思います!

Turning Point 03 工事部への異動

貯水槽の業務に従事していると、途中から工事の業務に関わることも多くなってきて、段々と工事部への興味が増してきました。
「違うことにもチャレンジしたい!」という気持ちが日に日に強くなってきて、「工事のことをもっと知りたい」という気持ちが抑えきれなくなりました。
そして、貯水槽の仕事は好きだったのですが、「工事部へ異動したい」と強く思うようになりました。
東産業の特徴の一つとして、部署どうしの垣根が低く、一つの業務をする上で他の業務のことを知る機会がたくさんあります。
視野を広く持つことができて、他の部署の仕事に興味を持つきっかけとなります。
東産業の大きな魅力だと思いますし、そのおかげで今の工事部でも楽しく仕事をさせてもらっています!

これからの未来ビジョン

自分が一人前になるのは当然ですが、その上で人を育てる立場の人間になりたいと思っています。自分が教えた後輩たちが、現場で活躍する姿を見てみたいです。
現場の仕事も、今では規模もどんどん大きくなり、出来る事も増えてきました。
一緒に仕事をしてくださる協力業者様も含めて、お客様に「安心だね」「東産業で良かった」と喜んでほしいです。常にお客様と近い目線でお話ができるのは現場で働く魅力です。
自分だけではなく、自分が教えた後輩たちがお客様からそのように褒められるのを見ると、とても嬉しいと思うので実現していきたいです。現場が大好きです!

メッセージ

ぜひ東産業に入ってください!自分がこの会社を選んだきっかけは説明会の時の社員の雰囲気で、それは間違っていなかったと思っています。
とにかく良い人が多いです。
悩んでいる人がいたら必ず上司や先輩が相談に乗ってくれますし、コミュニケーションを取ることが好きな人が多いです。
ぜひこの雰囲気をインターンシップや説明会で味わってください!
一緒にお仕事ができる日を楽しみにしています!